上手く吉野家で牛丼を買う


吉野家









吉野家の牛丼について書こうと思います。





吉野家とは何か?




吉野家は、株式会社吉野家ホールディングスの子会社で、 創業は、1899年、東京の日本橋です。現在の本社の所在地も此処です。吉野家といえば、旨い、早い、安い、で、並盛一杯280円という低価格路線をを売り物にしてきました。国内シェアは、すき家に次ぐ第二位で、ファストフード界を牽引しています。 しかし、2003年、材料の調達を頼っていたアメリカでBSE(狂牛病)の発生が確認されため、材料である牛肉を輸入できなくなりました。そのため、吉野家は休業に追い込まれることになったのです。 休業後、BSEの終息を経てから、材料の牛肉の輸入が再開されたのですが、並盛の価格は、380円に値上げされました。この価格については、一旦280円に値下げされましたが、牛肉の輸入を頼るアメリカの牛肉価格の高騰や日本国内の消費増税を受けて、再び380円に値上げされました。







吉野家のメニューについて




 吉野家には、牛丼以外にも、豚丼、カレー、朝定食、などなど、実に多岐に渡るメニューが存在しますが、今回は、「吉野家の牛丼」というタイトルを付けて紹介しているので、牛丼メニューと牛肉のメニューである、牛皿メニューについてまとめて示したいと思います。  吉野家の主力商品は、言うまでもなく牛丼メニューです。  以下に示すように、大きさが細分化され、がっつり食べたい方向けの超特盛メニューから、食が細い方や控えめに食べたい方向けまで色々と揃っています。

大きさと価格は、以下の通りです。

①牛丼– 小盛(360円)並(380円)アタマの大盛(480円)大盛(550円)特盛(680円)超特盛(780円) ②サラシア牛丼(480円) ③ネギ玉牛丼小盛(470円)並盛(490円)アタマの大盛(590円)大盛(660円)特盛(790円)超特盛(890円)



サラシアは、血糖値の上昇を穏やかにしてくれる作物です。健康志向にも吉野家は応えくれているのです。また、健康志向といえば、ダイエットパーソナルジムで有名なRAIZAPと共同企画で、ライザップ牛サラダが、5月9日から540円で売り出されています。牛肉以外にも、鶏もも肉、ブロッコリー、半熟玉子、といったような高たんぱく低糖質なメニューに、RAIZAPのノウハウが生かされています。サラシア牛丼も然り、健康志向への追随は、現代的であると言えます 牛丼メニューの兄弟分とも言うべきセットメニューと言えば牛皿メニューです。これは、創業以来、販売され続けられてきた牛丼の具である牛肉をセットにした定食の商品で、牛皿定食は、ご飯、玉子、みそ汁がついて並が500円、肉2倍盛りが750円の価格で提供されています。この価格は、ご飯、玉子、みそ汁、牛丼の具・牛皿をばらばらに注文するよりも安くなっていて、お得です。並の肉2倍盛で750円という価格設定はかなりリーズナブルと言えます。同じ皿もので言うと、牛カルビ定食があります。価格は、並が650円、大盛が750円、特盛が850円です。また、べジ皿を中心に、ご飯、みそ汁、牛肉をセットにした、べジ牛定食があります。価格は600円です。べジ牛定食のみが、テイクアウト可で、牛皿定食と牛カルビ定食はテイクアウトができませんので、注意です。牛丼メニューは、全てテイクアウト可になっています。また、テイクアウトの際には電話やスマートフォンでの予約も受け付けてもらえます。予約しておけば、待つことなく吉野家の味を持ち帰ることができるのです。 

スポンサーリンク




吉野家の店舗について




吉野家には、一体何軒の店舗があるのでしょうか?国内、海外含めて、1900店ほどですが、中でも、海外は700店舗ほどです。意外に多くの店舗が海外にあります。国内で最多は、東京都の196軒、海外の最多は中国で、376軒が展開されています。他には、アメリカ、台湾、香港、インドネシア、タイ、シンガポール、フィリピン、マレーシア、カンボジアに展開されています。アメリカ以外では、東南アジアでの展開が盛んであることがわかります。ビーフボールの愛称で親しまれています。また、国内では、東京都の最多を筆頭に、47都道府県に展開しています。つまり、日本国内には吉野家がない都道府県はないということです。 国内の店舗の中には個性的な店舗があります。ドライブスルーのある店舗、そばを提供する店舗、国会内の店舗、国際空港内の店舗、また、オレンジドリーム号という車両型の店舗まであります。

スポンサーリンク




最後に




吉野家は現在、これからの日本の少子高齢化を見据えて、がっつり系のメニューが多い、ファストフードとしての牛丼の提供だけに囚われず、総合的な外食産業を担う形態へと転換点を迎えています。例えばそれが、RAIZAPとの共同規格である、ライザップ牛サラダであると言えるのでしょう。旨い、早い、安い、のお馴染みのフレーズと共に進化を遂げているといえるでしょう。



タイトルとURLをコピーしました