初めてレゴランドに行くorレゴランドで楽しみ楽しみたい方


レゴランド




子供たちに人気のブロック玩具レゴ。レゴをテーマとしたテーマパーク、レゴランドについて、特に日本国内での展開についてまとめます。






レゴランドの概略




レゴランド設立やアトラクションの創意は、レゴブロックで遊び、その世界観を体感することにあります。対象年齢は、2~12歳の子供ですが、その家族も楽しんでもらうことも想定の範囲内に入っていて、能動的に楽しんでもらえるようなアトラクションが準備、提供されています。
 レゴランドを展開しているのは、イギリスのマーリン・エンターテイメンツです。レゴランドは、デンマークで初めて開園されました。現在は、イギリス、カリフォルニア、ドイツ、マレーシア、ドバイで、日本で展開されています。
 日本での展開は、名古屋にレゴランドジャパンが、東京にレゴランドディスカバリーセンターショップ(お台場)、大阪にレゴランドディスカバリーセンター大阪が開設されています。 
 続いて、国内各施設について詳しく紹介します。




日本のレゴランド




 日本国内には、名古屋、東京、大阪の3か所のレゴランドがあることは既に触れました。では、各施設について、詳細をまとめます。






名古屋




名古屋のレゴランドは、正式名称がレゴランド®ジャパンリゾートとなっています。レゴランドジャパンの方針として、マーリン・エンターテイメンツは日本国内において東京と大阪の真ん中にある名古屋の位置に着目し、日本の中心としてとらえています。そのような日本の中心に進出することが、レゴランドとして日本進出するに当たりふさわしいと位置付けています。
 アクセスについては、金城ふ頭駅が最寄り駅となっています。駐車場もありますが、電車の場合、名古屋駅から各駅停車の電車でも24分で到着するので電車などの公共交通機関を利用するのが良いでしょう。
 最も気になるのは、入場料ですが、様々な形態のチケットが発売されています。まずは、オンラインで事前に購入できるものです。




入場料




 1DAYパスポートというチケットがあります。2~7日前までに購入可能なチケットで、最大25%オフになります。ピーク時に発売されるもので3、大人5200円、子供3400円。オフ時に発売されるもので大人4500円、子供3300円。オンライン購入時に、カレンダーでピーク、オフの日程の確認が必要になります。また、営業時間にも注意です。開園時間は10時ですが、閉園時間が、17時、18時、19時と日によって違うことがあるのでカレンダーで確認しましょう。
 他にも、何種類かオンラインで事前購入できるチケットがあります。コンボ1DAYパスポートです。これは、レゴランドと、レゴランド内に併設されているシーライフ名古屋の両方が利用できるチケットです。ピーク時に発売されるもので、大人5700円、子供3900円。お藤に発売されるもので、大人5000円、子供3800円。他には、1年間有効な年間パスポートがあります。大人9900円、子供6500円です。また、滞在して楽しみたい方向けには、レゴランド・ジャパンホテル滞在チケットも購入できます。料金は、10725円から。チケットの大人料金、子供料金の線引きは、子供料金は3歳~12歳まで。13歳以上を大人料金としています。3歳未満は無料となっています。

年間パスポートは、3種類に分かれています。
 スターター、大人9900円、子供6500円。スタンダード、大人16400円、子供10700円。プレミアム、大人21900円、子供16900円、となっています。 
 1DAYパスポート、コンボ1DAYパスポートは、セブンイレブン店頭「でも、決済可能です。
 次に、東京のレゴランドについてまとめます。



スポンサーリンク



東京




 東京のレゴランドは、レゴランドディスカバリーセンター東京が正式名称です。東京のお台場にあり、アクセスは、ゆりかもめでお台場海浜公園下車、りんかい線で東京テレポート下車です。とても便利な場所にあるので、混雑しがちですが、穴場的な日程や時間帯もあります。土曜、日曜は混むことは必至ですが、平日は比較的空いています。ただ、平日といってもゴールデンウィークやお盆、夏休みや冬休み、春休みなどは混みます。穴場は、梅雨時期の平日です。では、空いている時間帯はいつ頃でしょうか。11~13時頃は、混む時間帯ですからその時間帯は避ける方が良いと思われます。それでも、レゴランド内は狭く、平日でも混雑しがちです。年間を通しての混む時期というものもありあます。特に、3、4月の春休みの土日は、入場規制がかかるほどの混みようです。ゴールデンウィークも、激込みというほどの混み方です。この時期を外し、平日を選ぶなどすると、比較的空いていて遊びやすいと言えるでしょう。
 では、入場料はどうなっているのでしょうか。まとめてみます。




入場料




 お得なオンライン前売りチケットがあります。混む時期には、オンラインでの事前購入が便利です。オンライン前売りチケットは1700円~です。当日チケットが2400円ですから、とてもお得で、優先入場の特典も付いています。そして、2つのアトラクションを楽しめて数量限定のコンボチケット2400円~。年間パスポートもあります。ライトが4500円。年間パス7000円。プレミアム14900円の3種類があります。また、割引価格でチケットを入手することもできます。Yahoo!JAPANが提供しているデイリーPlusというサービスです。当日でも、割引価格のチケットを手に入れることができます。この他に、東京お台場ならではの特典に、「大人のLEGOナイト」という特別な料金があリます。毎月5日のレゴの日と月末金曜日を大人のスペシャル入場デーとしてサービスを行っています。平日16~19時、土日祝16~20時を入場時間として、大人のみ対象にアトラクションを楽しめる日程になっています。入場料は、1900円です。お台場のレゴランドの営業時間は、平日10~20時。土日祝10~21時となっています。
 お台場のレゴランドは、混む時期をうまく避けて遊ぶのが大切でしょう。続いて、もう一つ、日本にあるレゴランド、大阪のレゴランドについてまとめます。



スポンサーリンク



大阪




大阪のレゴランドは、正式名称をレゴランドディスカバリーセンター大阪といいます。
 アクセスですが、阪神高速を使って車で行く場合の駐車場はありますが、もちろん公共交通機関でも行くことはできます。電車なら、大阪メトロの大阪港駅、JRゆめ咲線のユニバーサルシティ駅下車。バスなら、大阪シティバスで天保山ハーバービレッジ下車、です。
 では、次に、大阪のレゴランドのチケットについてまとめます。




入場料




 まず、オンライン前売りチケット1600円~があります。優先的に入場できますが、大人のみやこどものみの入場は不可となっていますので注意です。次に、平日限定親子チケット3200円。3~6歳までの子供と親のペアで入場できるチケットです。年間パスポートには、3種類あります。ライト4500円。年間パス7000円。プレミアム14900円、です。また、それぞれに特典が付くので、自分が該当するサービスをホームページで確認するのも良いでしょう。また、駅探バリューというサービスに登録することでチケットを割引額できます。
 では、名古屋にあるレゴランドジャパンでは、チケットの割引はないのでしょうか。割引サービスではないのですが、事前予約でセブンイレブンで購入するというものがあります。いずれにせよ、お得にチケットを入手する方法はあります。では、最後にまとめます。



スポンサーリンク



まとめ




 現在、日本国内には3か所のレゴランドがあることがわかりました。
 能動的にアトラクションを楽しめるという理念のもとに展開されています。チケットの種類も細分化されて、パスポートで特典を受けて楽しむこともできます。
 現在のレゴの事業は、マーリン・エンターテイメンツが担っています。マーリン社の経営陣は、東京と大阪の真ん中にある名古屋を日本の真ん中と位置づけ、将来にわたってもレゴランドの展開を計画しています。レゴランド・ジャパン・ホテルの開業を1期、名古屋市国際展示場第一展示館跡地の開発を2期として開発が予定されています。このように、日本におけるレゴランドの展開は、まだこれからも続きます。

タイトルとURLをコピーしました