ジュンク堂書店


ジュンク堂



1.ジュンク堂書店について


ジュンク堂書店は、大手書店チェーンで、株式会社丸善ジュンク堂書店が運営している。「淳久堂書店」や「JUNKUDO」と表記されることもある。2015年1月までは株式会社ジュンク堂書店が運営していた。

ジュンク堂書店は、日本全国に展開する店舗の書籍販売をする巨大店舗を「本店」とし、大阪と東京に出店している。「ジュンク堂」の名称は、起業した工藤恭孝代表取締役の父親である工藤淳の名前に由来している。父親の経営していた「キクヤ図書販売株式会社」に入社したのち、書店部門を任され独立し、1976年に三宮センター街へ移転した。この時、様々な店名を父親に提案したが、どれも駄目だと言われた。苦肉の策で「淳工藤」と父親の名前をひっくり返したら、意外に気に入られたことから決定したと言われている。

三宮店は創業の地ではないが、「ジュンク堂書店」の発祥の地であることは間違いない。ジュンク堂書店の店舗群の中でもっとも歴史がある。2000年に増床するまでは、地下と1階にあり、三宮店の地階部分が「ジュンク堂書店」の発祥以来の売り場であった。かつては1階と地階を連絡する店内階段があったが、地階が別テナントとなって、数年後には撤去された。1階と2階を連絡する階段は、2階が別テナントだった時代から設置されている。

ジュンク堂書店の戦略は、「充実した品ぞろえ」とされている。どの分野の書籍もまんべんなく置かれているのが特徴である。梅田店(2060坪)、福岡店(2060坪)、池袋本店(2000坪)、那覇店(1996坪)、札幌店(1800坪)、新潟店(1505坪)、大阪本店(1480坪)、三宮店(1400坪)、鹿児島店(1300坪)、ロフト名古屋店(1200坪)、吉祥寺店(1100坪)、旭川店(1050坪)などにみられるように、大型書店の基準と言われる500坪を超える1000坪以上の売場面積の店舗が多い。その反面、多少不便でも来店する目的意識の強い顧客にターゲットを絞っており、出店地は駅からやや離れた1.5等地が多い。また、オープンカフェの設置や読書用の椅子、机などを配置する店舗もある。平台よりも縦に並べた書架の多い図書館風のレイアウトも特徴で、同社の戦略は、他店に影響を与えたと言われている。

2015年2月1日、同じ丸善GHIホールディングス傘下の丸善書店と合併し、丸善ジュンク堂書店として発足した。しかし、「丸善」と「ジュンク堂」の店舗名は変更しない。


2.店舗一覧・営業時間について

店舗一覧・営業時間についてはこちらをご覧ください

(定休日もあわせて確認いただけます。)

3.ジュンク堂ネットストアについて

「honto」から書籍を購入できます。コチラをクリックして「ネットストア」からご確認ください

【hontoのブックライフ】

・電子書籍と紙の本は敵ではなく仲間です

・日本一、大型書店と連携しています

・このサイトの中には、ブックキューレーターがいます

・世界のどこでも、指一本で本棚を整理できます

・24時間立ち読みできる本屋です

・本好きなら、ポイントでもっと本が読めます

スポンサーリンク

3.在庫検索について

hontoサイトで、全国のジュンク堂および丸善、文教堂の在庫状況を確認することができます。

なお、在庫状況、棚番号を検索することのできるスマートフォン用アプリ「honto with」もあります。

※honto withはこちらからご覧ください

【honto withにできること】

・全国200店舗の提携書店から本が探せる

・立ち読みやレビューのチェックもできる

・店舗の在庫や近刊をお取り置きできる

・お得にポイントが貯められる

・hontoカードがアプリで使える

・お店にチェックインするとポイントが貯まる

・ほしい本や買った本を管理できる

・「マイ本棚」でほしい本や持っている本を一括管理できる

スポンサーリンク

4.新刊・話題書/ランキングについて

新刊・話題書や、週刊・月間本のランキングについては、こちらをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました