銀だこを食べたい方へ


銀たこ






①銀だこについて





 皆さんは、銀だこのたこ焼きを人生で1度はあるのではないでしょうか?またもし、食べたことがないという方も必ず耳にしたことはあるでしょう。今回は銀だこについて書かせていただきます。この記事を見た皆さんが、少しでも銀だこに行きたくなったという気持にさせられたら光栄です。
 銀だこの正式名称は「築地銀だこ」です。よって、銀だこの発祥は築地、、、ではないのです。1997年に佐瀬守男が群馬県新田郡笠懸町(現在のみどり市)で営業を開始しました。
また、銀だこといえば実演販売です。たこ焼きを作るところを実際にお客さんに見えるように考えられたオープンキッチンは創業当時からのモノなのです。そして、冷凍たこは一切使用せず、冷蔵タコを使用することでより新鮮さを演出するなどの工夫で繁盛していきました。
 翌年には、東京都中野区の中野サンモール商店街に路面店をオープンさせ、テレビや雑誌、そして口コミで話題となり、連日殺到の大ブームとなっていったのです。その後、フランチャイズ形式も取り入れ、日本全国で出店し成長をしていったのです。
 その後、自社工場を建設し、ソースやマヨネーズ等も自社一貫体制で製造を行うなど、味の一貫性を保ち、「皮はパリッ・中はトロッ・たこはプリッ」の実演販売に特化し、チェーン店を拡大させていきました。
 では、群馬で営業を開始したのになぜ「築地銀だこ」なのでしょうか?名前の由来として、「魚川岸の活気」「新鮮な素材を使っている」ということから「築地」とつけ、「銀だこ」はいずれ銀座にお店を出店するという夢を込めて「築地銀だこ」という名前にしたそうです。
(ちなみに銀座店は1999年に営業を開始し、その後閉店した期間もありましたが、場所を変えて2016年から再び営業を開始しています。)





②銀だこ メニュー




 銀だこには様々なメニューがあり、全てのメニューを食べたことがある方は少ないのではないでしょうか。代表的なメニューとして「たこやき」(580円)、照り焼き風味のソースとタマゴサラダが上にかかっている「てりたま」(680円)、上にたっぷりと盛られたネギとともにおろし天つゆに浸して食べる「ねぎだこ」(680円)などがあります。どれもとてもリーズナブルで、少し小腹がすいたときにすぐに食べられる、お持ち帰りできるというところが人気に理由のようですね。




  また、期間限定メニューも定期的に更新されるため、常に新たな「銀だこ」に出会うことができます。そして、一部地域限定なのですが、クロワッサン生地で作られたたい焼き「クロワッサンたい焼き」というレア商品もあり、見つけた際にはぜひ一度食べてみてください。




 一方で、銀だこのたこやきのカロリーを調べてみたところ、8個入りのたこやきで約700kcalありました。一般男性が一日に摂取するカロリーは約2000~2500kcalといわれています。そのため、銀だこの食べすぎには十分に注意した方がいいようですね。

スポンサーリンク




③銀だこ 店舗一覧




 【銀だこの人気代表店】
札幌・・・ホクレン新発寒店/日生ビル店/札幌すすきの店
東京・・・築地本店/東京ドームシティ ラクーア店
池袋・・・池袋西口店/池袋駅北口店




その他銀だこの店舗をコチラからお探しできます。




④銀だこ食べ放題 店舗




 皆さんは、銀だこが食べ放題の店舗があることはご存じでしたか?実は都内で1店舗だけ、食べ放題メニューを実施している店舗が存在するのです。それは、、、




『池袋西口店』です!




 食べ放題の概要としては、60分の間、4種類のたこやき(たこ焼き、てりたま、ねぎだこ、チーズ明太)から頼むことができ、通常8個入りのたこやきが4個入りで提供されます。また、飲み放題もセットとなっており、値段は破格の2000円(税抜)だそうです。また、金、土、日曜日、祝日、祝前日は行わないため、注意が必要です。




 普段、銀だこを食べている人でも一度も食べたことがない人も、とても満足する内容だと思います。是非、池袋を訪れた際には立ち入ってみるのも良いのではないのでしょうか。




⑤銀だこハイボール酒場について




 築地銀だこには、そのほかにも銀だこハイボール酒場というお店も存在します。こちらは、たこ焼きだけではなく、ハイボールも一緒にいただくことで更なるおいしさを提供できるのではないかと、築地銀だこが完全プロデュースする居酒屋感覚のたこやき屋です。このほかにも、銀だこ大衆酒場やBAR 屋根裏など、築地銀だこがプロデュースしたお店が多数営業しております。




 代表的な店舗として、たこ焼き食べ放題メニューを完備している池袋西口店や池袋北口店などが存在します。




 お店のメニューとしては、従来の銀だこのレギュラーメニューはもちろん、イカ焼きやギョーザ、フライドポテトなど従来の居酒屋で提供されるメニューも豊富にそろっているようです。ランチも行っており、焼きそばとたこ焼きとドリンクのセット(890円)が人気を博しているようです。

スポンサーリンク




⑥クーポン




 銀だこには、スタンプカードが存在し、たこ焼きを1食食べるごとに1つスタンプを押してもらえます。そして、スタンプが20個集めると、8個入りのたこ焼きを無料でプレゼントされるという特典があります。また、1枚目のスタンプカードが埋まると、2枚目、3枚目とカードの色が変化し、3枚目のゴールドカードになると、10個のスタンプでたこ焼きが無料で提供されるようになるようです。




 また、築地銀だこの公式サイトより、メルマガクーポン会員登録を行っていただくと、割引クーポンが配布され、普段よりもお買い得にたこ焼きを購入できるようです。ほかにも、LINEの公式アカウントを友達追加することで、クーポンを発券できるというサービスも行っています。



タイトルとURLをコピーしました