施設サービスについて

施設サービスには、介護老人福祉施設サービス、介護老人保健施設サービス、介護療養型医療施設サービスの3種類があります。
利用者はいずれの施設においても24時間体制で見守られて、主に食事・排泄・入浴などの介護が提供されるのに対して、介護老人保健施設や介護療養型医療施設では、医学管理下における介護やリハビリ、療養上の管理や看護などのサービスも提供されています。

施設サービスの種類と内容

①介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム):

特別養護老人ホームは、日常生活の介助やリハビリを通して、個性を尊重しながら自立した生活ができるよう介護職員や看護師が対応します。自宅での介護が困難で介護度が重い人から優先的に入居となり、介護に関わる家族の負担を大幅に軽減することができます。
入所は原則として要介護度3以上の利用者に限られています。入居の際の一時金が不要で、長期の入所が可能です。

②介護老人保健施設(老健):

介護老人保健施設は、特別養護老人ホームと同様に入所の一時金は不要であり、医療処置と食事や排せつの介護など医療管理下で看護、介護、回復期リハビリテーションを受けられます。あくまで在宅復帰を前提としたサービスであり、3カ月をもって退所することが原則です。
「要介護1以上」の方を対象とし、病院での治療を終え病状が安定した方が、リハビリに重点を置き在宅復帰を目的とする施設です。受けられるサービスは、医学的な管理の元、介護や看護、リハビリと日常生活の介護となります。
リハビリの専門家である理学療法士や作業療法士の配置が定められており、計画的にリハビリが行われます。入所者一人につき少なくとも週2回程度行うとされています。在宅復帰を目的とする施設なので、特養のように終身利用を前提として生活することはできません。

③介護療養型医療施設:

「要介護1以上」の方が対象。治療を終え病状が安定しているものの、引き続き長期間療養を必要とする方が入所する医療施設です。受けられるサービスは、介護体制が整った医療施設で医療や看護及び日常生活の介護となります。

タイトルとURLをコピーしました